文春写真館

田中角栄のトレードマーク

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

田中角栄のトレードマーク

 田中角栄のトレードマークは鼻の下に伸ばしたヒゲだった。大正七年(一九一八年)生まれ。昭和二十二年(一九四七年)全国最年少の代議士となる。三十九歳の若さで郵政大臣、四十四歳で大蔵大臣に就任。

 〈蔵相に就任の年の暮「年内に予算を編成する。出来なかったらヒゲを剃る」と重大発表を行なったが、除夜の鐘の鳴るころ、のんびりヒゲの手入れをする大臣の姿があったという〉(「文藝春秋」昭和四十年=一九六五年四月号)

 佐藤内閣の後継をめぐる角福戦争に勝利し、昭和四十七年五十四歳の若さで内閣総理大臣に就任する。「今太閤」「コンピュータ付きブルドーザー」と呼ばれ、日中国交回復を果たした。「文藝春秋」に掲載された金脈問題を追及され、総理の座を退く。昭和五十一年、ロッキード事件で逮捕され、一、二審で実刑判決が下された。上告して最高裁まで争ったが、平成五年(一九九三年)、世を去った。十二月十六日は命日にあたる。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004