書評

筒井康隆、佐藤優、西加奈子、千原ジュニア、中森明夫、糸井重里
純文学デビュー作に寄せられた賞賛の声

『火花』 (又吉直樹 著)

発売後、たちまち35万部を突破した又吉直樹さんの小説『火花』。純文学デビュー作に、各方面から賞賛の声が寄せられています。

これは太宰を継承しながらもより現代的な「お笑い」という主題を内部から照射した本格的な文学である。
──筒井康隆

「火花」は三回読んだ。この小説には十作分のテーマが埋め込まれている。
余韻に満ちた、ある場面も忘れられない。

──佐藤優

阿呆で優しいことは、何より美しいのだと、そしてその美しさを笑える人はひとりもいないのだと、小説が全身全霊で叫んでいました。
──西加奈子

芸人が書く小説の終止符。
次に書けるのは又吉だけ。

──千原ジュニア

若手漫才師の主人公と4歳上の師匠と呼ぶ狂気を帯びた芸人とのやり取りがたまらない!
現在の若手お笑い芸人のリアリティーと浮遊感と実存を切ないほどの繊細さで描いている。 文章が素晴らしい。太宰治というより織田作之助を思わせる。

──中森明夫

じっくりたのしんで本気で読んだ。いろんないいところがあるんだけど、なによりも、登場人物たちと、作者に、好感が持てる。
文学とか表現とかって、いじわるである必要はないもの。好感ってのは、いいよなぁ。

──糸井重里

火花
又吉直樹・著

定価:本体1,200円+税 発売日:2015年03月11日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
特設サイト待望の文庫化! お笑いコンビ「ピース」又吉直樹 初めて書いた本格小説『火花』(2015.03.06)
書評笑いと文学への尊敬と愛情の書(2015.03.09)
インタビューほか【動画つき】著者インタビュー 主人公の徳永は、僕とは違う目線を持っている(2015.03.09)