書評

将棋界最高位「竜王」としての成長物語

文: 内田 晶 (ライター・将棋記者)

『勝負心』 (渡辺明 著)

将棋界のヒール役?

 将棋棋士の渡辺明さんは、現在、29歳。将棋界の7大タイトルのうち、竜王・棋王・王将の3冠を保持している。2004年の暮れに、弱冠20歳で棋界最高位の竜王位を獲得し、一躍スターダムにのし上がった。その後も毎年、防衛を重ね、昨年の秋に9連覇を果たしている。

 渡辺さんは中学3年の15歳でプロ棋士になった。史上4番目の若さでデビューした超エリート棋士である。

 しかし、先輩棋士の谷川浩司9段や羽生善治3冠といった、正真正銘の優等生タイプとは、どこか違う、「ヒール役」「敵役」のような存在。本人も本書の中で、「羽生さんのライバルキャラのような立ち位置」と述べている。

 渡辺さんは、若手時代から自分の将棋に自信を持つことで、常に強気の発言が目立った。思ったことを遠慮なしに口にするのが持ち味。裏表のない素直な性格がファンの人気を集めた。

 その一方で、「渡辺は生意気だ」と感じた先輩棋士もいたと聞く。

転機となった竜王位獲得

 そんな渡辺さんに転機が訪れたのは、20歳のとき。前述の竜王位獲得だ。将棋界の顔になったことで、意識に変化が生じたのだという。「竜王」たる棋士として、人間として、どう振る舞うべきか。それまで単に強気なだけに聞こえた発言に、ずしりと重みが加わることに。

 本書には、そんな渡辺さんの「竜王」としての成長過程が描かれている。

 それだけではない。思わず笑ってしまうようなエピソードも。対局中に出されるケーキの食べ方ひとつにもポリシーをもっている、というのは、微笑ましいかぎりだ。

【次ページ】繊細で几帳面

勝負心
渡辺 明・著

定価:750円+税 発売日:2013年11月20日

詳しい内容はこちら