文春写真館

大きな夢を具現した丹下健三の建築

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

大きな夢を具現した丹下健三の建築

 戦後の日本を代表する建築家は、大正二年(一九一三年)生まれ。昭和十七年(一九四二年)東京帝国大学大学院在学中に、日本建築学会が主催する大東亜建設記念造営計画設計競技に「冨士山麓と皇居を結ぶ大東亜道路を都市軸とし、首都と戦没者のための忠霊神域を作る」という壮大な構想で一等入選。一躍有名となる。大学院修了後、建築学科助教授に就任、「丹下研究室」を発足させる。

 主要な設計として、広島平和記念公園、東京カテドラル聖マリア大聖堂、代々木第一体育館、東京都庁舎などがある。

〈一年に一作、出来上がると必らず話題を呼び、その作品に接した人々は、そこに具現された途方もなく大きな夢と、底知れぬ生命力に目をみはる。国内はもとより海外での人気も大変なもの。これもあくことを知らぬ創作活動の所以であろう〉(「文藝春秋」昭和四十年二月号グラビア「日本の顔」より)

 写真は当時建設中だった、東京・文京区関口の東京カテドラル聖マリア大聖堂の現場にて撮影。平成十七年(二〇〇五年)没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004