傾国子女

第一回

文: 島田 雅彦

誰よりも貪欲に、正直に生きた女

白草千春
本書の主人公。絶世の美女であるがゆえに、波瀾万丈な色恋道を突き進む。
「私は自分の人生がどの方向に転がろうとしているのか、全く読めません」
絵・ヤマザキマリ

――その人は先生のお知り合いなんですか?

――ええ、まあ。若い頃にちょっと。

――その人の霊が私に何の用があるんですか?

――彼女はまだこの世に未練があるのかも。叶わなかった望みを叶えるために、あなたに乗り移ったんでしょう。千春さんは夜毎、あなたの夢枕に立って、身の上話をするかもしれません。

 確かに白草千春は七海に「私の話を聞いて」ともいった。

――お祓いしてください。気持ち悪いから。

――まあ、そういわず、話をお聞きなさい。きっとこれからの人生の参考になる。千春さんはその道を極めた人だから。

――その道ってどの道ですか?

――色恋の道です。恋にお悩みでしょ? 幸せになりたいんでしょ。

――ええ、まあ。

――千春さんは誰よりも深く恋に悩み、幸せを求め続けた。人は彼女を淫乱とか、欲深い女とか、地雷女などというけれど、自分に正直に生きれば、誰でもそうなる。

 

傾国子女

島田雅彦・著

定価:1680円(税込) 発売日:2013年1月11日

詳しい内容はこちら   特設サイトはこちら