インタビューほか

路傍に歴史の痕跡が隠されている

「本の話」編集部

『藤原正彦、美子のぶらり歴史散歩』 (藤原正彦・藤原美子 著)

路傍に歴史の痕跡が隠されている

――『藤原正彦、美子のぶらり歴史散歩』は、府中、番町、本郷、皇居周辺、護国寺、鎌倉、諏訪をご夫妻で歩かれてできた作品です。おふたりはご結婚以来、散歩を日課とされていますね。

美子 雨が降ろうと風が吹こうと、4キロを40分という猛烈な速さで歩いています。

正彦 僕の家は代々諏訪高島藩の足軽だったから、血が騒ぐんだ(笑)。

美子 「健康のためには死んでもいい」というのがあなたのモットーね(笑)。むくつけき男性が夜道を足早に歩くと若い女性が脅えるからということで、私も同行するようになりました。

正彦 犬を飼っていないから犬がわりにね(笑)。

――スタートは多磨霊園でしたね。

正彦 ここを訪れたのは、8歳のとき、大伯父(気象学者の藤原咲平)の墓参りをして以来だった。

美子 私は初めてでした。東郷平八郎と山本五十六のお墓が隣り合っていて、勝ち戦の東郷と負け戦の五十六では墓地の大きさが違う。そして日本の物理学の父といわれる仁科芳雄博士の墓石の脇に朝永振一郎博士が眠っていたりと、いろいろな発見がありました。

正彦 うーん、うらやましい師弟愛だ。僕の胸で眠りたい女性は山ほどいるが、お墓までもとは負けた(笑)。

――つぎに訪れたのは番町界隈ですね。

美子 四ッ谷駅からすぐのところに与謝野鉄幹・晶子、有島三兄弟(武郎、生馬、里見弴)、藤田嗣治、島崎藤村らが住んでいた「番町文人通り」があります。なぜ藤田嗣治の隣に藤村が住んだのか、藤村の女性に関する触れられたくない過去と関わっていたわね。

正彦 僕には品行方正にしか生きてこなかったという悲しい過去がある。素晴らしい文学のために藤村を見習わないと(笑)。覚悟しておけ。

美子 はいはい、がんばって下さいまし(笑)。

――本郷界隈は藤原先生のテリトリーですね。

正彦 東京大学近くにある旧岩崎邸庭園はGHQに接収されてキャノン機関が本部を置いたところだけれど、今回は特別に鹿地亘が監禁された地下室も見せてもらったね。

美子 豪奢な洋館の冷たい地下室。身がすくんだわ。私は『雁』の舞台、無縁坂を訪ね、森鴎外の世界をのぞいた気分になりました。

【次ページ】そこに生きた人々の物語を知ると違って見えてくる

藤原正彦、美子のぶらり歴史散歩
藤原正彦 著 藤原美子 著

定価:1470円(税込) 発売日:2012年03月29日

詳しい内容はこちら