2014.04.14 文春写真館

太地喜和子、満開の華の盛りに散る

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

太地喜和子、満開の華の盛りに散る

 女優・太地喜和子が舞台「唐人お吉ものがたり」の巡業先だった静岡県伊東市で、乗っていた車が海に転落し、四十八歳の若さで死亡したのは、平成四年(一九九二年)十月十三日未明のことだった。

 文学座の先輩、北村和夫は悼む。

〈彼女は好きな芝居をやって、好きな酒を飲んで、いい男や女やオカマさんたちにまで囲まれて一生を過ごしました。こんな幸せな役者はそんじょそこらにはいませんよ。杉村(春子)さんが劇団葬の時に言ったように、華の盛りに、満開の中で彼女は散ったんです。彼女の人生は充実していたと思う。少なくとも僕はそう思うことにしています〉(「文藝春秋」平成四年十二月号)

 太地喜和子は、昭和十八年(一九四三年)、東京都中野区に生まれた。東映ニューフェイスに合格後、「欲望という名の電車」の杉村春子の演技に衝撃を受け、昭和四十二年、文学座に入団。「飢餓海峡」の娼婦、「ハムレット」のオフィーリア、「近松心中物語」の遊女・梅川など、さまざまな役柄を好演し、将来を嘱望された。写真は、「文藝春秋」昭和五十四年八月号「日本の顔」に登場したときのもの。

 豪快な酒と奔放な男性関係でも知られる。ロマンスが取り沙汰されたのは、二十歳年上の三國連太郎、十二歳年下の中村勘九郎(のちの十八代目勘三郎)、七代目尾上菊五郎、峰岸徹など、枚挙に暇がない。

 杉村春子の後継者たることは衆目の一致するところだったが、水が苦手だった彼女が、海で落命したのは不思議な運命というよりない。戒名は、紅蓮院喜和静華大姉。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004