文春写真館

テレビ時代のマルチタレント青島幸男【没後10年、戦後日本を象徴する著名人】

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

テレビ時代のマルチタレント青島幸男【没後10年、戦後日本を象徴する著名人】

文藝春秋写真資料部が所蔵する写真を世相とともに紹介する「文春写真館」。6月には開始より8年を迎え、ロングラン連載となりました。これまでに公開した365点より、いまだ記憶に新しい没後10年を迎える人物を再掲いたします。本日は青島幸男さん。

 元祖マルチタレントが徳川夢声だとしたら、戦後テレビ時代のマルチタレントといえるのが、青島幸男。昭和七年(一九三二年)生まれ。

 作家、作詞家、タレント、俳優、放送作家、映画監督をつとめた挙句、参議院議員三期、そして東京都知事までつとめた政治家でもあった。

 写真は昭和四十六年(一九七一年)四月、北海道知事選挙で革新候補者の応援で北海道を訪れた時のもの。

〈“あのタレントの青島が”といわれることがオレの特権サ。これを充分活用しなけりゃいけないと思うネ。そのためにはマスコミから離れちゃダメだ〉(「週刊文春」昭和四十六年=一九七一年四月二十六日号)

 かつては選挙の時以外庶民にはなじみのなかった政治を、茶の間にまで開放した功労者だったといえる。平成十八年 (二〇〇六年)没。

2010年6月28日公開

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004