本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
テレビ時代のマルチタレント青島幸男【没後10年、戦後日本を象徴する著名人】

テレビ時代のマルチタレント青島幸男【没後10年、戦後日本を象徴する著名人】

文・写真:「文藝春秋」写真資料部


ジャンル : #ノンフィクション

文藝春秋写真資料部が所蔵する写真を世相とともに紹介する「文春写真館」。6月には開始より8年を迎え、ロングラン連載となりました。これまでに公開した365点より、いまだ記憶に新しい没後10年を迎える人物を再掲いたします。本日は青島幸男さん。

 元祖マルチタレントが徳川夢声だとしたら、戦後テレビ時代のマルチタレントといえるのが、青島幸男。昭和七年(一九三二年)生まれ。

 作家、作詞家、タレント、俳優、放送作家、映画監督をつとめた挙句、参議院議員三期、そして東京都知事までつとめた政治家でもあった。

 写真は昭和四十六年(一九七一年)四月、北海道知事選挙で革新候補者の応援で北海道を訪れた時のもの。

〈“あのタレントの青島が”といわれることがオレの特権サ。これを充分活用しなけりゃいけないと思うネ。そのためにはマスコミから離れちゃダメだ〉(「週刊文春」昭和四十六年=一九七一年四月二十六日号)

 かつては選挙の時以外庶民にはなじみのなかった政治を、茶の間にまで開放した功労者だったといえる。平成十八年 (二〇〇六年)没。

2010年6月28日公開

プレゼント
  • 『池田大作と創価学会』小川寛大・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/16~2024/2/23
    賞品 『池田大作と創価学会』小川寛大・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

提携メディア

ページの先頭へ戻る