2011.10.24 文春写真館

武者小路実篤が“野菜の色紙”に込めた思い

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

武者小路実篤が“野菜の色紙”に込めた思い

 淡い色調の野菜の絵に「仲良きことは美しき哉」。戦後のある時期、日本中の家庭に一枚ずつあったのではないか、と言われるほどだった。ときに「空想的」「貴族的」と批判されながらも、理想主義を追い続けた作家の手になる色紙だ。

 明治十八年(一八八五年)、公卿の家系である武者小路実世子爵の第八子として東京・麹町に生まれる。学習院時代から、同級生の志賀直哉らと文学活動をはじめ、東大中退後の明治四十三年「白樺」を創刊。「白樺派」の思想的支柱として、「友情」「愛と死」などの名作を発表していく。

 階級闘争のないユートピアの実現を目指し、大正七年(一九一八年)には共有財産をもとに協力して農業を行う「新しい村」を建設、実篤自身もこの村に住んだ。自身は僅か六年間で離村しているが、その後も村外から援助活動を続けた。

 写真は昭和二十七年(一九五二年)、友人の徳川夢声(右)の前で絵筆を取る実篤。色紙に必ず「野菜」が描かれているのは、共に収穫を喜ぶ「新しき村」の理想を、生涯持ち続けていた証かも知れない。「みんな仲良く」は、苦悩や挫折を経たうえでの言葉だからこそ、人々の心に届くのだろう。

 昭和二十一年には貴族院議員に就任。昭和二十三年に雑誌「心」を創刊、昭和五十一年に九十歳で病没するまで編集に関った。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004