文春写真館

「昭和の棋聖」呉清源の思い出の一局

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

「昭和の棋聖」呉清源の思い出の一局

 戦前、戦後を通じて最強と評された「昭和の棋聖」呉清源(ご・せいげん)は、大正三年(一九一四年)、中国福建省生まれ。塩を専売する裕福な家に生まれ、父親の手ほどきで囲碁を覚える。神童ぶりが知れ渡り、十四歳で日本棋院などに招かれ来日する。

 木谷実とともに「新布石」を編み出し、序盤の戦法に革新的な変化をもたらした。昭和十一年(一九三六年)、日本に帰化するが、戦後、昭和二十一年、国籍を中華民国に戻した。

 戦前から読売新聞が主催したトップ棋士との「打ち込み十番碁」で圧倒的な強さを誇る。昭和十四年から始まった木谷との十番碁では、第一局で木谷が鼻血を出して昏倒するという激闘を演じ、「昭和の十番勝負」として知られる。戦時中行われた藤沢庫之助との対決で四勝六敗と負け越した以外、昭和三十一年、高川秀格本因坊と対戦してこれを破るまで、主だった棋士にすべて勝利し、十番勝負は幕を閉じた。昭和五十四年、再び日本国籍に戻し、昭和五十九年引退。

 通算約八百局もの正式な対局をこなしたが、引退後、とりわけ印象の深い一局を問われた呉は、昭和八年の秀哉名人との一番をあげた。

「名人は十何回も打ちかけ(双方合意の上で対局を中断すること)にして一局に四ヶ月くらいかかりました。昔は慣習として上手の手番で打ちかけにしたものですが、百六十手目でしたか、秀哉名人の妙着がでたのですが、これは弟子の前田さんが見つけたといわれています。打ちかけのあと弟子たちが集まって、次の手を色々研究していたと、名人の義弟にあたる高橋さん(故人)から聞いた話です。結局私の二目負けになったのですが、木谷先生が大いに同情してくれて、銀座の喫茶店につれだしなぐさめてくれました」(「ノーサイド」平成五年=一九九三年七月号)

 写真はこのインタビューのときに撮影。引退後は、台湾、中国、韓国など海外との交流に力を注いだ。平成二十六年十一月三十日没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004