文春写真館

五代目三遊亭円楽に大きな影を落とした「三遊協会」設立騒動

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

五代目三遊亭円楽に大きな影を落とした「三遊協会」設立騒動

 若き日は「星の王子さま」。寄席だけでなく、テレビ、映画とさまざまなメディアで八面六臂の活躍を見せ、マルチタレントのはしりでもあった五代目三遊亭円楽。スケールの大きな豪快な芸風は、落語ファンだけではなく、お茶の間にも広く浸透した。

 昭和七年(一九三二年)、東京・浅草の浄土宗・日照山不退寺易行院に生まれる。この寺には居候が多く、サトウハチロー、菊田一夫、川口松太郎らが出入りしていたという。

 昭和二十九年、三遊亭円生の一番弟子として入門し、「全生」。昭和三十七年には二十九歳で真打に昇進し、円楽を襲名した。昭和四十一年からは、現在も続く人気番組「笑点」のレギュラーとなる。昭和五十八年からは四代目司会者を務めた。

 古今亭志ん朝、立川談志、春風亭柳朝とともに「落語四天王」と呼ばれ、一時はレギュラー番組を十本かかえるなど、順風満帆の落語家人生に、昭和五十三年、大きな波瀾が訪れる。円生一門が落語協会を脱退し、「落語三遊協会」を設立したのだ。しかし翌年、円生は他界。総領弟子の円楽は寄席から締め出された一門のために、昭和六十年、東京・江東区に寄席「若竹」を建設する。

〈借金だけはしたくなかったんですけど、総工費六億円。/ちょうど金利がべらぼうに上がってる頃で、月に四百三十万も返済してたんですよ。/この頃は、借金返済のためにあちこち講演会にかけずり回ってました。噺家として一番いい時期に、肝心な落語ができなくて、これはまずかったですねえ〉(「週刊文春」平成十九年=二〇〇七年五月三・十日合併号)

 「若竹」は平成元年に閉鎖に追い込まれるが、三億円もの負債は、わずか六、七年で完済したという。

 平成十七年、脳梗塞で倒れ、半生をともに歩んだ「笑点」を勇退。平成十九年には得意の人情噺「芝浜」の出来栄えに納得できず、落語家引退を表明した。

〈落語を辞めたって、人生終わったわけじゃないんですから。親父のいまわの際の言葉そのままですね。/落語も寿命、天命ですよ〉(同前)

 平成二十一年十月二十九日、七十六歳で逝去。翌年に六代目襲名を控えていた愛弟子・楽太郎との「二代円楽そろい踏み」はかなわなかった。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004