文春写真館

「寛容と忍耐」で経済成長路線を打ち出した池田勇人

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

「寛容と忍耐」で経済成長路線を打ち出した池田勇人

 池田勇人は明治三十二年(一八九九年)生まれ。旧制第五高等学校を経て、京都帝国大学法学部卒業後、大蔵省入省。病気で退職を余儀なくされるが、復職。主計局長で終戦を迎える。戦後、大蔵次官を勤めた後、昭和二十四年(一九四九年)の総選挙に出馬、政界入りした。

 このとき一年生議員ながら第三次吉田内閣の大蔵大臣に就任、一躍脚光を浴びることとなった。しかし、当時吉田内閣に批判的だった新聞により、国会答弁が歪曲され、<貧乏人は麦を食え>と見出しが打たれ、本人の発言として後世伝えられることとなった。

 さらに昭和二十七年、通産大臣のときに、「不正投機をした人の五人や十人倒産してもやむを得ない」と発言したとされ、辞任に追い込まれた。

 昭和三十二年、自らの政策集団である宏池会を旗揚げ、派閥の長となる。昭和三十五年、安保闘争の結果岸内閣が倒れると、自民党第四代総裁に就任、内閣総理大臣となる。安保騒動後の不穏な政情のなか「寛容と忍耐」のキャッチフレーズで、国民との対話姿勢を重視し、また、「所得倍増計画」の経済重視を打ち出した。同年十一月の総選挙では自民党のCMに出演、「私はウソを申しません」のフレーズが、当時の流行語になった。

 OECD加盟など国際的に先進国入りを果たし、昭和三十九年には東京オリンピックの開催にこぎつけた。

 ただし、この年九月に喉頭がんのため、国立がんセンターに入院。東京オリンピック閉会式の翌日、退陣を表明し、後継に佐藤栄作を指名した。昭和四十年没。写真は昭和三十五年撮影。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004