本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
パンダより小さかった三遊亭円生の訃報

パンダより小さかった三遊亭円生の訃報

文・写真:「文藝春秋」写真資料部

 三遊亭円生は戦後の落語黄金時代を支えたといわれる一人。

〈落語の故事来歴にはきわめて詳しい。レパートリーの広さと話術では桂文楽なきあと文字通り当代随一である。特に人情噺にかけては、正統に語れる人は他に林家正蔵師匠がいるだけで、まことに貴重な存在である〉(「文藝春秋」一九七三年=昭和四十八年十一月号)

 この年には、落語では珍しい御前公演をおこなう。

 明治三十三年(一九〇〇年)生まれ。昭和五十四年(一九七九年)、くしくも誕生日の九月三日に他界した。たまたま同じ時に上野のパンダ、ランランが死んだために、朝日新聞など翌日の全国紙朝刊の一面トップは〈ランラン死ぬ〉の記事となった。社会面でも二番目にあつかわれ、しばらくそのことが落語の高座のマクラに振られていた。

プレゼント
  • 『望月の烏』阿部智里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/29~2024/3/7
    賞品 『望月の烏』阿部智里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る