文春写真館

「型絵染」の人間国宝・芹沢銈介と、
伝統美を愛する白洲正子との交流

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

「型絵染」の人間国宝・芹沢銈介と、<br />伝統美を愛する白洲正子との交流

 明治四十三年(一九一〇年)、華族の家に生まれた白洲正子(写真右)は、幼少期より能に親しみ、十四歳で舞台に立った、生粋の審美眼の持ち主である。「能面」「かくれ里」など数多くの著作により、日本の風土に根差す美を紹介した功績は大きい。

 その白洲正子が畏敬した人物が、染色工芸家・芹沢銈介。あるとき正子が骨董店で見つけ魅了された屏風を、逡巡しているうち、先に買っていった人物がいた。そうしたことが何度かあり、その相手がいずれも芹沢であったという。正子はのちに、雑誌の取材で芹沢邸を訪れ、蒐集品の確かさはもとより、「世間の評価がどうでも、作者も時代も分からずとも、良いものは良い」という見事な態度に感じ入り、人物に魅了される。

 芹沢銈介は明治二十八年、静岡市で呉服商の家に生まれる。東京高等工業学校(現・東京工業大学)で工業図案を学び、柳宗悦と交流し「民藝運動」の主要な担い手となる。着物・帯・屏風・暖簾といった日本の伝統文化にかかわるものにとどまらず、本の装丁から建築内装まで幅広く活躍した。

 自ら案出した、紙を型紙で染める技法「型絵染」で人間国宝。フランスの国立美術館で個展を開き、仏政府より芸術文化功労章を受けるなど、日本の伝統美術を世界に紹介した。

 写真は昭和五十二年(一九七七年)の「文藝春秋デラックス 芹沢銈介の世界」の取材風景。企画の域を超え、美について熱心に語り合う二人の姿があった。

 芹沢銈介の作品や蒐集品は、仙台、静岡などの記念館で見ることができる。昭和五十九年、八十八歳で逝去。

 白洲正子は平成十年(一九九八)年、同じく八十八歳で逝去した。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004