書評

日本のハードボイルド史上、こんなにカッコいい女性主人公はいない!

文: 内藤麻里子 (毎日新聞社編集委員)

『魔女の封印』(大沢在昌 著)

『魔女の封印』(大沢在昌 著)

 しかも彼女は十四歳で、実の祖母によって地獄島に娼婦として売られた過去を持つ。男を見抜く目も、何千人もの客を取ったから。必死の思いで島抜けしても、見つかったら追っ手がかかり連れ戻される。整形して別人として暮らす。圧倒的な悲しみや恐怖、孤独をその身に抱えている。そのうえでのタフさ、クールさである。

 昨今何かと問題になるセクハラ、女子受験生差別や職場のガラスの天井……。ままならないことが多い現実に、ため息を漏らしながら日々を送っている女たち。それ以上に困難な状況の中、すっくと立つ水原にしびれずにはいられない。

 それにしても大沢在昌は、なぜこんなに女のリアルがわかっているのか。文学賞などのパーティーや取材の現場で見る大沢さんのたたずまいはマッチョだ。『新宿鮫』のイメージもある。よほど女遊びしたのか。いや、キーボードの手が滑った。作家の洞察力と想像力のなせる技だろう。もう一つ、この作家の「優しさ」というキーワードもあるような気がする。

 大沢さんが日本推理作家協会や文学賞の二次会で、マイクを握った時の司会や挨拶は、場を華やかに明るくする。座持ちがいい。これには持って生まれた素質と、周囲を慮る視線が必要なのではないか。また、インタビュー対応してくれるときには細やかで優しい。こちらの求めていることをすくいとってくれるようなところがある。実は気配りがすごいのではないだろうか。気配りという点では、心性の半分が女なのかもしれない。

魔女の封印 上大沢在昌

定価:本体670円+税発売日:2018年12月04日

魔女の封印 下大沢在昌

定価:本体680円+税発売日:2018年12月04日

魔女の盟約大沢在昌

定価:本体900円+税発売日:2011年01月07日

魔女の笑窪大沢在昌

定価:本体700円+税発売日:2009年05月08日


 こちらもおすすめ
書評ハードボイルドの可能性を模索した、軽妙路線の異色にして怪作!(2018.06.26)
書評超能力者ゆえの悲しみを描く、「魔女」シリーズ最新作!(2016.01.18)
インタビューほか一瞬でヒトの命を奪う、1億人に1人の存在とは?(2015.12.15)