発売情報

荒れ狂う性欲、3度の自殺未遂を経てインドへ。仏教復興の立役者となった小さなお坊さんの正体とは『佐々井秀嶺、インドに笑う』ほか

「荒れ狂う性欲、3度の自殺未遂を経てインドへ。仏教復興の立役者となった小さなお坊さんの正体とは『佐々井秀嶺、インドに笑う』ほか」をはてなブックマークに追加

『黄色い実』『コミック 鬼平犯科帳 107』『佐々井秀嶺、インドに笑う』『象徴のうた』

発売ラインナップ (2019/6/16~2019/6/22)

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル 黄色い実
    著者名 吉永南央
    発売日 2019/06/20
    作品紹介 お草さんの年の功でも手に余る難題が……
    久実についに春が! と思いきや、元アイドルの女性への暴行事件で小蔵屋にも不穏な気配が漂う。お草さんが示す道とは。好評第七弾。
  • タイトル コミック 鬼平犯科帳 107
    著者名 さいとう・たかを 池波正太郎
    発売日 2019/06/20
    作品紹介 修羅の恋路の結末はあまりに辛く……
    密偵の粂八が湯屋で見かけた若い男。潔癖症なのか、やたら体を磨きたてている。なにやら人に言えない深い悩みがあるようで……。
  • タイトル 佐々井秀嶺、インドに笑う
    著者名 白石あづさ
    発売日 2019/06/20
    作品紹介 インド仏教一億五千万人の頂点に立つ男の素顔
    荒れ狂う性欲、三度の自殺未遂を経てインドへ。滅亡寸前の仏教を再興し、不可触民の地位向上のため身を賭して闘うお坊さんの正体とは
  • タイトル 象徴のうた
    著者名 永田和宏
    発売日 2019/06/21
    作品紹介 お歌にこめられた平和への祈り
    被災地慰問、内外の激戦地への慰霊の旅と、祈り続けた三十一年。平成の天皇皇后が詠まれたお歌から浮かび上がる「象徴」の姿。