本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
二十歳の藤子に恋を与え奪ったのは、死んだ父より年の離れた写真家だった―― 『神様の暇つぶし』ほか

二十歳の藤子に恋を与え奪ったのは、死んだ父より年の離れた写真家だった―― 『神様の暇つぶし』ほか

『将軍の子』『神様の暇つぶし』

発売ラインナップ (2019/7/14~2019/7/20)

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル 将軍の子
    著者名 佐藤巖太郎
    発売日 2019/07/18
    作品紹介 名君、保科正之の人間性に迫る
    将軍の子として生まれながら、父・秀忠と生涯親子の名乗りをあげなかった保科正之。不遇な生まれを力に変えた男の半生を描く連作集。
  • タイトル 神様の暇つぶし
    著者名 千早茜
    発売日 2019/07/19
    作品紹介 あの人は、きれいな思い出なんかじゃない
    きつい目に大柄な身体、恋愛なんて私には似合わない。そんな二十歳の藤子に恋を与え奪ったのは死んだ父より年の離れた写真家だった。
プレゼント
  • 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/5/17~2024/5/24
    賞品 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る