発売情報

日本人にとって信仰とは何か。著者渾身の大作『白光』ほか

「日本人にとって信仰とは何か。著者渾身の大作『白光』ほか」をはてなブックマークに追加

『白光』『決戦前のランニングノート』『Humankind 希望の歴史 上・下』『新選組血風録(一)』『花束は毒』『後列のひと』『星のように離れて雨のように散った』

発売ラインナップ (2021/7/25~2021/7/31)

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル
    白光
    著者名
    朝井まかて
    発売日
    2021/07/26
    作品紹介
    日本人にとって信仰とは何か。著者渾身の大作
    日本人初のイコン画家・山下りん。明治時代にロシアへ渡り、信仰と芸術の狭間で揺れながら激動の日露近代史を生き抜いた女性の生涯。
  • タイトル
    決戦前のランニングノート
    著者名
    大迫傑
    発売日
    2021/07/27
    作品紹介
    オリンピック直前までの日誌を初公開
    日本マラソン界を引っ張る大迫傑が、オリンピックに向け、家族と離れてケニアで追い込む日々を日誌に綴る。大迫考案ノート付き。
  • タイトル
    Humankind 希望の歴史 上
    著者名
    ルトガー・ブレグマン 野中香方子
    発売日
    2021/07/27
    作品紹介
    『サピエンス全史』著者、推薦! 世界的ベストセラー
    欧州の若き知性が、近現代思想の“性悪説”をエビデンスで覆す衝撃作。「様々な分断を統合しうる一冊」(ユヴァル・ノア・ハラリ)。
  • タイトル
    Humankind 希望の歴史 下
    著者名
    ルトガー・ブレグマン 野中香方子
    発売日
    2021/07/27
    作品紹介
    『サピエンス全史』著者、推薦! 世界的ベストセラー
    欧州の若き知性が、近現代思想の“性悪説”をエビデンスで覆す衝撃作。「様々な分断を統合しうる一冊」(ユヴァル・ノア・ハラリ)。
  • タイトル
    新選組血風録(一)
    著者名
    司馬遼太郎 森秀樹
    発売日
    2021/07/27
    作品紹介
    没後25年司馬遼太郎、待望のコミック化
    維新前夜の京都。「誠」の旗印に参集した剣士たちの生と死を活写した司馬遼太郎の傑作連作集を時代劇画の第一人者・森秀樹が漫画化。
  • タイトル
    花束は毒
    著者名
    織守きょうや
    発売日
    2021/07/28
    作品紹介
    絶対見抜けない真相、背筋が凍るラスト1行
    かつて憧れの青年だった真壁が結婚を前に脅迫されていることを知った芳樹は探偵に調査を依頼するが――。新鋭による戦慄ミステリ。
  • タイトル
    後列のひと
    著者名
    清武英利
    発売日
    2021/07/28
    作品紹介
    ひっそりと佇む姿から見える希望
    最前列ではなく後ろの列の目立たぬところで人や組織を支えてきた人々の物語。良く生きた人生の底にはその人だけの非凡な歴史がある。
  • タイトル
    星のように離れて雨のように散った
    著者名
    島本理生
    発売日
    2021/07/28
    作品紹介
    「私」をめぐる冒険の物語
    失踪して行方不明になったままの父、未完の『銀河鉄道の夜』、書きかけの小説。三つの未完の物語の中に「私」は何を見出すのか?