本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「総理のスピーチライター」が明かす安倍外交の舞台裏『安倍総理のスピーチ』ほか

「総理のスピーチライター」が明かす安倍外交の舞台裏『安倍総理のスピーチ』ほか

【文春新書 9月のラインナップ】

安倍外交を支えた言葉の力

『安倍総理のスピーチ』

アメリカ議会演説、戦後70年談話、ヒロシマと真珠湾で交わした和解スピーチ、全国戦没者追悼式式辞――「総理のスピーチライター」が明かす安倍外交の軌跡。

米議会演説前には寝室、総理専用機、そしてアメリカの迎賓館でもスピーチの練習を続ける総理の姿が。演説草稿の作成過程で、総理がこだわったキーワードとは?

総理と一体となり、言葉を紡いだ著者にしか書けない「安倍さんの肉声」。昭恵夫人による喪主挨拶も掲載。

くわしく見る


9月の文春新書

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル
    安倍総理のスピーチ
    著者名
    谷口智彦
    発売日
    2022/09/20
    作品紹介
    安倍外交を支えた言葉の力
    米議会演説、70年談話……時代を動かした安倍演説はいかに生まれたか。スピーチライターが明かす舞台裏と、総理が込めた思い。
  • タイトル
    ウクライナ戦争の200日
    著者名
    小泉悠
    発売日
    2022/09/20
    作品紹介
    戦争の虚と実。世界はどこへ向かうのか?
    時々刻々移りゆく戦況を睨みながら、ロシアによるウクライナ侵攻の背景、戦争のある日常、今後の世界秩序の行方を立体的に眼差す。
  • タイトル
    日中百年戦争
    著者名
    城山英巳
    発売日
    2022/09/20
    作品紹介
    「中国」という日本にとっての最大の問題
    戦中は拡大派と不拡大派が、戦後は北京派と台湾派が、現在は対中強硬派と経済優先派が激突。日本は「中国」とどう向き合ってきたか。
  • タイトル
    皇室財産
    著者名
    奥野修司
    発売日
    2022/09/20
    作品紹介
    天皇家の極秘資料を発掘!
    戦前の皇室は大株主で大資産家、戦後の資料にあらわれた昭和天皇の「もったいない精神」――。新資料をもとに天皇家のあり方に迫る。
  • タイトル
    水木しげるロード 全妖怪図鑑
    著者名
    境港観光協会
    発売日
    2022/09/20
    作品紹介
    水木しげるの妖怪ワールドへようこそ! 「妖怪検定」公式テキスト
    『ゲゲゲの鬼太郎』で有名な水木しげるの故郷・境港市のメイン通りに177体の妖怪のブロンズ像が設置されている。その徹底ガイド。
プレゼント
  • 『水木しげるロード 全妖怪図鑑』

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/9/20~2022/9/27
    賞品 『水木しげるロード 全妖怪図鑑』 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る