作品紹介

馳星周の直木賞ベストセラーを、『星守る犬』の村上たかしが感涙コミカライズ!

傷つき、悩む人々に寄り添う、一匹の犬がいた──。『少年と犬』は、東日本大震災で飼い主と別離した一匹の犬「多聞」が、さまざまな人々との出会いと別れを繰り返しながら、東から西へと旅する物語です。

家族のために犯罪に手を染めた男、外国人窃盗団のリーダー、男に貢ぐ風俗嬢、死期を悟った老猟師、震災で心を閉ざした少年……旅の途中で多聞が遭遇するのは、傷つき、悩み、惑う人々です。彼ら彼女らは、多聞によって心を洗われ、勇気と愛をもらいます。東北から本州を縦断、ひたすら南西へと向かう多聞が目指す“目的地”とは──。

人間という愚かな存在を、犬の視線を通して描いた珠玉の連作短編集。原作は2020年に第163回直木賞を受賞、25万部を超えるロングセラーとなっています。

コミカライズを担当したのは、ベテラン漫画家の村上たかし。すべてを失った中年男と愛犬との最後の旅を描いた『星守る犬』シリーズが100万部の大ヒットとなり、映画化もされました。

抑制の効いた語り口でドラマを紡いだ原作を踏襲しつつ、きめ細やかな作画力で、感動的にコミカライズしました。犬好き、マンガ好き、文芸ファンだけでなく、幅広い読者を引きつける魅力にあふれた作品です。

担当編集者より
猫とは何年も一緒に暮らしてきましたが、犬を飼ったことがありません。『少年と犬』の担当をして、犬だけがなぜ“人間の最良の友”と呼ばれるのか、その理由が腑に落ちました。旅の途中、“多聞”が出会うのは傷つき悩む人々です。彼ら彼女らの人生は決してハッピーなものではありませんが、多聞と出会ったことで勇気と愛をもらい、闇の中に一条の光を見つけます。多聞のようなスーパードックは望みませんが、いつの日か私自身、生涯の友と呼べるような犬と巡り会いたいものです。犬を愛するすべての方に──。
目次
第1話 男と犬
第2話 泥棒と犬
第3話 女と犬
第4話 老人と犬
第5話 少年と犬

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る