本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
名作あり、話題作あり。文春文庫の「太鼓判本」勢揃い

名作あり、話題作あり。文春文庫の「太鼓判本」勢揃い

文:文春文庫部


ジャンル : #小説 ,#エンタメ・ミステリ ,#歴史・時代小説 ,#ノンフィクション ,#政治・経済・ビジネス ,#随筆・エッセイ

新しいことを始めたくなるこの季節。文春文庫が自信をもってお薦めする強力ラインナップがあなたを一歩を応援します!


「太鼓判本フェア 2023」より

【新刊】『少年と犬』(馳 星周)

『少年と犬』(馳 星周)

傷つき、悩み惑う人々に寄り添う一匹の犬は、なぜかいつも南の方角に顔を向けていた。人と犬の、種を超えた深いきずなを描き、世界各国での翻訳がすすんでいる感動作。


【新刊】『木になった亜沙』(今村 夏子)

『木になった亜沙』(今村 夏子)

奇妙で、不穏で、とびきり純粋な愛の物語

無垢で切実な願いが日常をいびつに変容させる。今村夏子の世界が炸裂する3篇に単行本未収録エッセイと村田沙耶香による解説を付す。


『葉桜の季節に君を想うということ』(歌野 晶午)

『葉桜の季節に君を想うということ』(歌野 晶午)

究極の驚愕、ミステリーの奇蹟がここにある

素人探偵のもとに持ち込まれた霊感商法事件の意外な顛末、そして…。あなたは最後の一文まで、ただひたすら驚き続けることになる

第57回日本推理作家協会賞/第4回本格ミステリ大賞


『テロリストのパラソル』(藤原伊織)

『テロリストのパラソル』(藤原伊織)

乱歩賞&直木賞ダブル受賞、不朽の傑作ミステリ!

爆弾テロ事件の容疑者となったバーテンダーが、過去と対峙しながら事件の真相に迫る。逢坂剛・黒川博行両氏による追悼対談を収録。


『あまからカルテット』(柚木 麻子)

『あまからカルテット』(柚木 麻子)

『ランチのアッコちゃん』著者の美味しい探偵小説

女子校時代からの仲良し四人組も、いよいよ三十歳目前。恋に仕事に押し寄せる悩みを、美味しい料理をヒントに無事解決へ導けるか!?


『岬』(中上 健次)

『岬』(中上 健次)

郷里・紀州を舞台に、逃れがたい血のしがらみに閉じ込められた一人の青年の、癒せぬ渇望、愛と憎しみを鮮烈な文体で描いた芥川賞受賞作。

「黄金比の朝」「火宅」「浄徳寺ツアー」「岬」収録。


『依頼人は死んだ』(若竹 七海)

『依頼人は死んだ』(若竹 七海)

わたしの調査に手加減はない。「女探偵・葉村晶シリーズ」

念願の詩集を出版し順風満帆だった婚約者の突然の自殺に苦しむ相場みのり。健診を受けていないのに送られてきたガンの通知に当惑する佐藤まどか。決して手加減をしない女探偵・葉村晶(あきら)に持ちこまれる様々な事件の真相は、少し切なく、少しこわい。構成の妙、トリッキーなエンディングが鮮やかな連作短篇集。

解説・重里徹也

*「アメトーーク!」の「本屋で読書芸人」でカズレーサーさんに同シリーズの『静かな炎天』を推薦していただきました!

特設サイトへ

『ジーヴズの事件簿 才智縦横の巻』(P・G・ウッドハウス)

『ジーヴズの事件簿 才智縦横の巻』(P・G・ウッドハウス)

「機略と手際」、これが紳士に仕える私のモットーです

20世紀初頭のロンドンに、とんでもなく有能な黒髪の執事がいた。どんな難事もたちまち解決。世界中で愛されるジーヴズの傑作選!


『烏に単は似合わない』(阿部 智里)

『烏に単は似合わない』(阿部 智里)

史上最年少松本清張賞受賞作

人間の代わりに八咫烏の一族が支配する世界「山内」ではじまった世継ぎの后選び。有力貴族の姫君四人の壮大なバトルの果て……。史上最年少の松本清張賞受賞作品。

解説・東えりか

この作品の特設サイトへ

『星の王子さま』(サン=テグジュペリ)

『星の王子さま』(サン=テグジュペリ)

小川糸の新解説を加えて、ほまれ高い名訳が甦る! ルビ多数
どうぞ、王子さまの魔法にかかってください――

シルヴァスタイン作の絵本『ぼくを探しに』の翻訳などで知られる作家・倉橋由美子の名訳が光る、世界に愛される物語。

『星の王子さま』の著者・サン=テグジュペリによる愛らしいイラストは、カラーで掲載。ルビも増量し、読みやすい体裁でお子さまにもオススメです。美しい特別装丁版となっていますので、贈りものにもぜひどうぞ。作家の小川糸さんは、本書の解説で「もしも無人島に一冊だけ本を持っていくとしたら、私は迷わず『星の王子さま』をリュックに入れようと決めている」と綴られています。読む度に味わい深く、新しい気づきをもたらしてくれる名作です。

「ねえ、お願い……羊の絵を描いて」不時着した砂漠で私に声をかけていたのは、別の星からやってきた王子さまだった。王子さまとやりとりを重ねるうちに、私の胸に去来したものとは――。1943年の刊行以来、世界中を魅了し続けている名作。

解説・古屋美登里、小川糸

誉れ高い美しい名訳をぜひ味わってみてください。


文春文庫 「太鼓判本フェア 2023」対象本

片想い
青い壺〈新装版〉
こころ 坊っちゃん

パン屋再襲撃〈新装版〉
猫を抱いて象と泳ぐ
センセイの鞄
依頼人は死んだ
午前三時のルースター
陰の季節
横道世之介
カカシの夏休み
空中庭園
時の渚
ジーヴズの事件簿 才智縦横の巻
イニシエーション・ラブ
葉桜の季節に君を想うということ
カラフル
インシテミル
武士道シックスティーン
太陽の坐る場所
あまからカルテット
考証要集 秘伝! NHK時代考証資料
世界の果て
円卓
烏に単は似合わない
テロリストのパラソル
督促OL 修行日記
望郷
若冲
辞令
モダン
星の王子さま
四月になれば彼女は
上機嫌な言葉 366日
ファーストラヴ
天地に燦たり
ナナメの夕暮れ
少年と犬
木になった亜沙


この他話題の本やフェア情報、文庫解説が読める文春文庫のサイトはこちら

文春文庫
少年と犬
馳星周

定価:858円(税込)発売日:2023年04月05日

文春文庫
木になった亜沙
今村夏子

定価:682円(税込)発売日:2023年04月05日

文春文庫
葉桜の季節に君を想うということ
歌野晶午

定価:825円(税込)発売日:2007年05月10日

文春文庫
テロリストのパラソル
藤原伊織

定価:803円(税込)発売日:2014年11月07日

文春文庫
あまからカルテット
柚木麻子

定価:649円(税込)発売日:2013年11月08日

文春文庫
中上健次

定価:660円(税込)発売日:1978年12月09日

文春文庫
依頼人は死んだ
若竹七海

定価:770円(税込)発売日:2003年06月10日

文春文庫
ジーヴズの事件簿 才智縦横の巻
P・G・ウッドハウス 岩永正勝 小山太一

定価:649円(税込)発売日:2011年05月10日

文春文庫
烏に単は似合わない
阿部智里

定価:858円(税込)発売日:2014年06月10日

文春文庫
星の王子さま
サン=テグジュペリ 倉橋由美子

定価:517円(税込)発売日:2019年05月09日

プレゼント
  • 『池田大作と創価学会』小川寛大・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/16~2024/2/23
    賞品 『池田大作と創価学会』小川寛大・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

提携メディア

ページの先頭へ戻る