作品紹介

「オール讀物」新人賞受賞作「姉といもうと」を含む傑作短篇集。
(単行本『スナック墓場』を改題)

幸田文の『流れる』に憧れる家政婦の姉と、指がないが活動的でラブホテル受付をする妹。
つぶれたスナックの女性店員たちが開いた競馬場での同窓会。
職人気質のクリーニング店主と常識外れの若い女性客。
駐車場の猫に餌をあげている布団屋の妻と、〝役者のような美男子〟の夫……。

おもわずほほえんでしまうユーモア。人間観察からあふれでる、生きることへの〝姿勢の良さ〟がにじみ出る。

解説・森絵都「どんな個性も大らかなユーモアをもって包みこむことで、マイナスをもプラスに転化させる。これぞ嶋津マジックだろう」

何気ないやりとりから生れる違和感がクセになる、オリジナリティ溢れる全7篇。


担当編集者より
家政婦をする姉とラブホテル受付をする妹の日常を描く
オール讀物新人賞受賞作「姉といもうと」。
職人気質のクリーニング店主と下着を持ち込む若い女性客のやりとりに思わずニヤリ…の「カシさん」。
布団屋の奥さんが入院中、かわりにふぐ屋のおかみが
駐車場の猫にえさをあげているらしいが…そこはかとなく不穏な表題作。
こんな個性的な小説を書く嶋津輝さんって、いったい何者⁉
森絵都さんの「解説」も合わせて、ぜひ嶋津マジックをお楽しみください。
目次
「ラインのふたり」
「カシさん」
「姉といもうと」
「駐車場の猫」
「米屋の母娘」
「一等賞」
「スナック墓場」

著者

嶋津 輝

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る