作品紹介

令和時代だからこそ書けた「昭和史小説」の決定版が誕生!

天皇とは、この国にとっていかなる存在か。
国家社会の融合体の中心である天皇とは、何と窮屈で、脆く、孤独なものか――。

昭和天皇が、自ら政治的決定を下したのは「三度」。
二・二六事件の青年将校たちは、天皇のために行動している、との信念のもと蹶起し、鈴木貫太郎らを襲撃した。
ある憲兵は、蹶起軍こそが、反逆者だと憤った。
昭和天皇が、どのような思いを持っているのかを、国民それぞれが夢想し、それを大義名分としてぶつかり合い、昭和という「激動の時代」が作り上げられた。

『ゴー・ホーム・クイックリー』や『ミネルヴァとマルス 昭和の妖怪・岸信介』で近現代史を描き、永田町でも注目される中路啓太による「昭和天皇」にまつわる五つの短篇。
国民の想いに戸惑い、悩む、生身の天皇の姿!

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
昭和天皇の言葉を、それぞれの思いをもって受け止めて、奔走した男たちをめぐるドラマが、小説として誕生した。ある種の信念をもって、動いた人たちがぶつかり合って生まれた歴史。その歴史のアイロニーはせつなく、読み応えがあります!
商品情報
書名(カナ) ショウワテンノウノコエ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2019年08月10日
ISBN 978-4-16-391071-0
Cコード 0093

著者

中路 啓太

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る