作品紹介

終戦後の昭和21年2月、内閣法制局の佐藤達夫は突然、憲法問題担当大臣に呼び出された。新憲法の日本政府案をGHQが拒否し、英語の草案を押し付けてきたという。その邦訳やGHQとの折衝を命じられた彼は、白洲次郎らと不眠不休で任務に当たる――。
現憲法の成立までを綿密に描く、熱き人間ドラマ。
今こそ読むべき「日本国憲法」誕生の物語。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
アメリカからの押し付けである、現状にそぐわないので改憲すべき、などと言われて久しい日本国憲法。では実際にはどのようにして作られたのか。
昭和21年2月、日本政府案を拒否して英語の草案を押し付けてきたGHQとの折衝を命じられた内閣法制局の佐藤達夫がキーマンとなり、白洲次郎らと共に不眠不休で任務に当たったのでした。その息詰まる攻防を綿密に描きます。
中央公論新社、KADOKAWA、光文社と組んで「4社激推し」企画の中路啓太さんの新刊、文春文庫初登場です。
商品情報
書名(カナ) ゴー ホーム クイックリー
ページ数 400ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2020年09月10日
ISBN 978-4-16-791560-5
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る