作品紹介

ベストセラー『永遠の仔』『悼む人』の著者が故郷・道後温泉を舞台に描く、現代社会への「希望の灯火」。
「お遍路さん」を迎える場所として道後温泉にある架空の宿「さぎのや」。
行く場所も帰る場所も失った15歳の少女は、この宿の美人女将からこう声をかけられる。
「あなたには、、帰る場所がありますか」
女将や地元の人々との交流を通じて、少女は、自らの生き方と幸せを見つけられるか。

「他者に対して不寛容になっていく時代だからこそ、手を差し伸べあって、希望と悲しみを分かち合う理想郷が必要である」と語る天童さんが紡いだのは、「本当の幸せ」をみつけるための物語。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
今作は、これまでの天童さんの小説の中でも、「最も笑えて、最も温かい物語」といえます。装画は、彫刻家の三沢厚彦さんによる油絵です。三沢さんが物語を読んで描いた「巡礼の家」はぬくもりに満ちています。ぜひ手にとって確かめてください。
商品情報
書名(カナ) ジュンレイノイエ
ページ数 376ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2019年10月05日
ISBN 978-4-16-391104-5
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る