作品紹介

震災から四年半が経った地で、深夜に海に潜り、被災者たちの遺留品を回収するダイバーがいた。男の名前は瀬奈舟作。金品が目当てではなく、大切な家族や恋人を亡くした人々のために、ボランティアに近い形で行なっている。ただし、無用なトラブルを避けるため、ダイバーと遺族が直接連絡を取り合うことは禁じられていた。
ある日、舟作の前に透子という美しい女性が現れる。彼女も遺族の一人だったが、なぜか亡くなった自分の夫の遺品を探さないでほしい、と言う――。

フクシマの原発避難区域圏内にも入って取材し書かれた、著者の新たな代表作となる鎮魂の書。サバイバーズ・ギルト(生存者の罪悪感)についても強烈に考えさせられる問題作です。
巻末に新たな書下ろしエッセイ「失われた命への誠実な祈り」を収録。

担当編集者より
天童さんからオール讀物の通巻1000号記念に原稿をいただく約束をしたのは、映画『悼む人』公開の半年ほど前。当初は『悼む人』のスピンアウト的な小説を考えていらしたようですが、2015年春、福島へ取材に行く頃には、ほぼ構想が固まっていました。
3.11で亡くなった人々の遺品回収作業に福島沖で従事する男の話を書きたい――。
取材は線量計を携え、原発の避難指示区域にまで入るものでした。そして見つけた小さな漁港。ここから男が月夜にボートを出すイメージが湧き、この小説が完成したのです。
商品情報
書名(カナ) ムーンナイト ダイバー
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2019年01月10日
ISBN 978-4-16-791205-5
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る