ニュース

『巡礼の家』刊行記念イベント【天童荒太 ふるさとを語る】

2019年10月20日(日)松山市立子規記念博物館にて

『巡礼の家』(天童荒太)

10月3日発売の天童荒太さんの最新刊『巡礼の家』(文藝春秋)の刊行を記念して、小説の舞台となった愛媛県松山市でトークイベントを開催します!

開催概要

日時 2019年10月20日(日)開場13時 開演13時30分
会場 松山市立子規記念博物館4階講堂
愛媛県松山市道後公園1-30(地図
主催 道後温泉誇れるまちづくり推進協議会
問い合わせ 道後温泉旅館協同組合内 089-943-8342(土日祝除く 9時~17時)
参加方法 入場無料。ただし、下記の方法で事前申し込みが必要です。

先着300名様。往復葉書またはFAXで「住所・氏名・電話番号・人数」をご記入の上、お申し込み下さい。
○往復葉書での申し込み 〒790-0842 松山市道後湯之町6-8 道後温泉旅館協同組合
「巡礼の家 刊行記念イベント」係
○FAXでの申し込み先 089-943-8343
(返信先FAX番号を必ず書き添えてください)
※結果はFAXまたは葉書にて通知いたします。
※お電話での申し込みは、聞き間違え防止のためいたしかねます。
サイン会について トークイベント終了後に、著者のサイン会を開催します。時間の都合により、先着50名とさせていただきます。13時から会場にて、整理券を配布します。
会場にて『巡礼の家』を販売予定です。
イベント内容 聞き手は、道後温泉誇れるまちづくり推進協議会 会長・宮﨑 光彦氏。
進行役は、得能 光氏。

著者プロフィール

天童荒太(てんどう・あらた)
1960年愛媛県松山市生まれ。86年「白の家族」で野性時代新人文学賞を受賞。93年『孤独の歌声』が日本推理サスペンス大賞優秀作となる。96年『家族狩り』で山本周五郎賞、2000年に『永遠の仔』で日本推理作家協会賞、09年に『悼む人』で直木賞受賞。13年に『歓喜の仔』で毎日出版文化賞を受賞。ほか著作に『あふれた愛』、『包帯クラブ』、『静人日記』、画文集『あなたが想う本』(船越桂と共著)、対談集『少年とアフリカ』(坂本龍一と共著)、荒井良二画の絵本『どーしたどーした』、新書『だから人間は滅びない』がある。近著に『ムーンナイト・ダイバー』『ペインレス』

巡礼の家天童荒太

定価:本体1,700円+税発売日:2019年10月03日


 こちらもおすすめ
インタビューほか生きづらい現代で「本当の幸せ」を見つけるために必要な「ふるさと」(2019.10.02)
インタビューほか3.11後のフクシマを舞台に、原発が間近に見える波に手をつけて「書かせていただきます」と誓った(2016.01.31)
インタビューほかときには向こう見ずな冒険も 天童荒太×石田ゆり子(2015.03.02)
書評『悼む人』映画化によせて 天童荒太 二〇一五年初頭のご挨拶(2015.01.23)
インタビューほか重松 清×天童荒太 特別対談「命をめぐる話」 第1回:物語から歴史へ(2009.12.20)