単行本
単行本

初夏の訪問者紅雲町珈琲屋こよみ

吉永南央

  • 定価:本体1,600円+税
  • 発売日:2020年08月28日
  • ジャンル:エンタメ・ミステリ

作品紹介

累計65万部突破! 人気シリーズ第8弾。

5月。お草が営むコーヒー豆と和食器の店「小蔵屋」の近所のもり寿司は、味が落ちたうえ新興宗教や自己啓発セミナーと組んでの商売を始め、近頃評判が悪い。店舗一体型のマンションも空室が目立ち、経営する森夫妻は妻が妊娠中にもかかわらず不仲のようだ。その様子を見て、お草は自らの短かった結婚生活を思い出したりしている。
そんな折、紅雲町に50歳過ぎの男が現れる。新規事業の調査のためといって森マンションに短期で入居している男は親切で、街中で評判になっていた。
その男が、お草のもとにやってきた。店の売却・譲渡を求められるのかと思ったお草に対し、男は自分は良一だ、と名乗る。
良一とは、お草の息子。夫や婚家との折り合いが悪く、お草が一人で家を出た後、3歳で水の事故で亡くなったはずだった。だがその男によると、じつは良一は助け出されたものの、父と後妻の間に子供が生まれて居場所がなくなり、女中だったキクの子として育てられたという。その証拠として、お草と別れた夫との間で交わされた手紙や思い出の品を取り出して見せる――。
男の言うことは本当なのか、本当に我が子なのか。お草の心は千々に乱れる――。

嘘は、人生の禍となるが、救いとなることもある――。甘いばかりではなく苦みを伴いつつ、深い味わいのある佳品。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
「紅雲町珈琲屋こよみ」シリーズも第8弾。お草さんの、派手ではないけれど豊かで、きちんとしているけれど窮屈でない暮らしぶりは、読んでいていつも心穏やかになります。そんなお草さんの心が乱れる本作。夏の名残に、ぜひご一読ください。
目次
第一章 初夏の訪問者
第二章 蜘蛛の網
第三章 ががんぼ
第四章 遥かな水音
第五章 風ささやく
商品情報
書名(カナ) ショカノホウモンシャ コウウンチョウコーヒーヤコヨミ
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2020年08月30日
ISBN 978-4-16-391246-2
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る