作品紹介

京都を舞台にスター探偵が駆ける!

京都の街で相次いで起きた殺人事件。
なぜかすべて、シャーロック・ホームズ譚を模していた。

解決に乗り出したのは、日本探偵公社の
若きスター・天親獅子丸と、助手の大河。
大河は獅子丸をモデルにした『キングレオ』シリーズの
スクリプトライターでもあった。

無関係に思われた事件を追っていくと、
謎の天才犯罪者の存在が浮かびあがってくる。

エスカレートする犯人の挑発。

獅子丸はついに、師である
老獪な名探偵と対決することに!

有栖川有栖さんも
「なるほど、これは名探偵だ。
その推理は、速い、鋭い、面白い」と推薦!!

ロジックとキャラクターの魅力を兼ね備えた
新たな名探偵小説の誕生です。

解説・円堂都司昭

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

商品情報
書名(カナ) キングレオノボウケン
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2018年04月10日
ISBN 978-4-16-791050-1
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る