作品紹介

新米社労士が次々と事件を解決!

ひよっこ社労士(26歳、恋人なし)が、クライアントの会社で起きる、労働問題に絡む六つの事件に挑む。人気シリーズの第一弾!

担当編集者より
社会保険労務士(社労士)は、クライアントである会社の総務部のお手伝いをするお仕事。採用から退職までの労働・社会保険に関する問題や、年金の相談に応じるなど、その業務内容は多岐にわたります。本作は、新米社労士の朝倉雛子(26歳、恋人なし)が、クライアントの会社で起きるちょっとした事件を解決していくという、労務問題+ミステリが融合した新感覚小説。困っている人をほうっておけない雛子が、手探りながらも仕事に一生懸命に取り組む姿は、とてもさわやかで感動的。労働問題の勉強にもなり、一石二鳥です。
目次
五度目の春のヒヨコ
綿菓子とネクタイ
カナリアは唄う
飾りより、灯りより
空に星はなく
握りたい手は

解説 吉田伸子
商品情報
書名(カナ) ヒヨッコシャロウシノヒナコ
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2019年10月10日
ISBN 978-4-16-791366-3
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る