文春写真館

父・古今亭志ん生に将棋を教える志ん朝

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

父・古今亭志ん生に将棋を教える志ん朝

 古今亭志ん朝(三代目=写真左)は、古今亭志ん生(五代目)の次男として、昭和十三年(一九三八年)に生まれた。本名美濃部強次。兄は金原亭馬生。若くして、真打に昇進した。

 写真は昭和三十九年八月、親子で撮影したときのもの。当時、父親の志ん生は自叙伝「びんぼう自慢」を上梓し、売れ行き好調だった。かたや、次男は落語家として初めて高級外車を乗り回し、関係者から不評を買った。

<(志ん生の)趣味は酒と将棋。しかし同じ将棋でも、詰将棋は苦手とみえて、次男志ん朝がご指南番。「だめだねえ、お父っつあん。そんなとこへ、王がいっちゃあいけねえよ」
志ん朝は、若手随一の人気者だ。テレビ・ラジオの売れっ子になっちゃいるけど、「やっぱり落語てえのはいいですねえ。個人プレーだから、お客の反応がジカにきますからねえ」といって、忙しくてもなるべく寄席にでるよう心がけているとか。これを志ん生はなにより喜んでいるが、ただひとつ「あんなくだらねえものねいよ」と気にいらないのが、「アランドロンか志ん朝かってくらいのもんだぜ」と自慢するイタリア製“アルファ・ロメオ”というスポーツカー。日本に二台しかないそうだ。親は貧乏自慢、子は車自慢か> (「週刊文春」昭和三十九年九月七日号)

 それでも、志ん朝は立川談志、三遊亭円楽、春風亭柳朝とともに、「江戸落語四天王」と呼ばれて人気を博した。また、名古屋の大須演芸場を守る席亭のために、平成二年(一九九〇年)から毎年独演会を開き、不入りの演芸場を満席にする男気を見せた。平成十三年(二〇〇一年)没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004