文春写真館

長谷川一夫は生涯スターであり続けた

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

長谷川一夫は生涯スターであり続けた

 長谷川一夫は明治四十一年(一九〇八年)、京都生まれ。幼くして舞台に立ち、初代中村鴈治郎の長男・林長三郎の一座に加わり、林長丸を名乗る。歌舞伎界の青年女形となった林長丸は、昭和二年(一九二七年)、大阪松竹社長、白井松次郎らの肝いりで映画界入り。林長二郎と改め、「稚児の剣法」でデビューし、松竹の社を挙げての大宣伝もあって、一躍スターの座に上り詰める。さらに、「雪之丞変化」で人気を不動のものにした。

 昭和十二年、東宝移籍にからんで顔を切りつけられ、世間の耳目を一身に集め、再起不能とまでささやかれた。しかし、芸名を本名に戻し、「藤十郎の恋」「鶴八鶴次郎」のヒットをとばす。

 戦後は、「地獄門」がカンヌ映画祭グランプリを獲得。また、「銭形平次 捕物控」シリーズで圧倒的な人気を博した。テレビでは、NHK大河ドラマ「赤穂浪士」の大石内蔵助で一世を風靡した。また、舞台出演でも活躍、晩年には宝塚歌劇「ベルサイユのばら」を演出した。

<スターというものは、行住坐臥つねにスターでなければならない。アイドルというものは、誠心誠意アイドルたらねばならぬ――これが彼、長谷川一夫のスター哲学、アイドル精神らしい。だから、放心状態にあってさえも、いわゆるサマになっている人なのである>(「文藝春秋」昭和四十六年二月号「日本の顔」より)

 写真はこのときに撮影されたもの。昭和五十九年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004