本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
日航ジャンボ機事故への鎮魂の思い

日航ジャンボ機事故への鎮魂の思い

文:吉岡 忍 (ノンフィクション作家)

『クライマーズ・ハイ』 (横山秀夫 著)

出典 : #本の話
ジャンル : #小説

 群馬県の事件といえば、大久保清事件(一九七一年)と連合赤軍事件(七二年)があった。大久保は前橋や高崎で八人の女性を誘い出し、強姦し殺害したあと、畑や造成地などに埋めてまわった。連赤事件は決着地こそ長野県軽井沢町のあさま山荘だったが、その直後、仲間内のリンチ殺人がくり返されていたことが判明し、群馬県内の山中などから十四人の死体が次々と掘り出された。二年つづきの大事件は、地元新聞社にとっては地の利を活かし、朝毎読など大手中央紙に真っ向勝負を挑む数少ない機会だった。群馬県の地元新聞といっても、ここでただちに上毛新聞を思い浮かべてはいけない。

 横山秀夫の『クライマーズ・ハイ』はフィクションである。たしかに横山が上毛新聞の記者だった時期はあるにせよ、小説に出てくるのは「北関東新聞」。そして、記者たちがのめり込んでいくのは、このふたつの事件から十数年後、またしても群馬県が舞台となった日航ジャンボ機墜落事故である。

 一九八五年八月十二日夕刻、速報が飛び込んでくる――乗客乗員五百二十四人を乗せた羽田発大阪行きの日航123便が、中部山岳地帯上空で消息を絶った。

 編集局は騒然となった。主人公のベテラン記者・悠木は事故取材と出稿のすべてを取り仕切る全権デスクに任命された。墜落現場もわからないままに若い記者が飛びだしていく。ファックスは通信社からの配信をひっきりなしに吐きだし、夜明けになると、テレビが御巣鷹(おすたか)山の稜線に散った機体を映しだした。

 小説はそれからの七日間、事故原因が特定されるまでの社内の動きをリアルに描いていく。といっても、この世界最大規模の旅客機事故をわが社はどう取材し、報道したか、という同時進行ルポや自慢話ではない。どう報道できなかったか、なぜ世界的スクープを逃したのかという苦い物語だといえば、概略はわかるだろうか。

 北関東新聞の幹部らは、飲めば、若いころに取材した大久保事件や連赤事件の手柄話ばかりする。そんなベテランらには、この事故は面白くない。若い記者たちが山中の現場に飛び込んでいくのもしゃくにさわる。空前の巨大事故となれば、自分たちの自負や自慢など吹き飛んでしまうからだ。若い記者は若い記者で、手足や胴体がちぎれ飛び、内臓が散乱する墜落現場に打ちのめされる。

【次ページ】

クライマーズ・ハイ
横山秀夫

定価:836円(税込)発売日:2006年06月09日

ページの先頭へ戻る