2015.12.14 文春写真館

職業として女優を選んだだけの沢村貞子がつかんだ実り多き晩年

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

職業として女優を選んだだけの沢村貞子がつかんだ実り多き晩年

 有閑マダムが若い愛人に厭きられて、嫌味を言われている。昭和三十四年(一九五九年)の映画『氾濫』の中でのことだ。

 眼尻のしわ、頬のたるみ、荒れた手の甲など老醜を指摘され、無言のまま表情だけで「自信と、虚栄と、誇りのすべてを同時に失ったことを知る、呆然自失として無防備な姿をさらけ出した『をんな』そのもの」を演じていると、矢野誠一が、沢村の自叙伝『貝のうた』の解説で絶賛している。

「さらに凄いのは、そうした自身の表情を写しとっているカメラと、まったく同じ眼でもって、おのれを凝視する女優沢村貞子が、画面にしっかりと存在していたことだった」

 明治四十一年(一九〇八年)、浅草生まれ。父は狂言作者、兄弟はみな役者という「芝居もの」の家で、女は役者になれないからと余計者にされて育つ。

 教師に憧れて、家庭教師をして貯めたお金で日本女子大学に入るが、同僚同士の争いを見て幻滅し、卒業せずに新劇の俳優になる。昭和六年に日本プロレタリア演劇同盟に入団し、逮捕、起訴、独房生活などを経て、昭和八年十二月に懲役三年、執行猶予五年で釈放された。

 その後は映画俳優として再起し、以後脇役を中心に三百五十本以上もの映画に出演。テレビやラジオでも活躍し、名エッセイストとして著作も多い。

 脇役というと、主役を引き立て、作品全体に説得力と厚みを出す、オーケストラ奏者のようなイメージだが、沢村の脇役ぶりは違う。主役を食うのではないが、常に沢村という強烈な個性があり、主流の物語に別のドラマを添えて、観客に忘れられない印象を残す「第二のソリスト」だ。

「西鶴一代女」で、ヒロインの髪に嫉妬する女房も、「となりの芝生」で嫁といざこざを起こす姑も、強気な女の性を満遍なく見せつけてくれた。

 だがそこには明治生まれの、女は家事をせねばならず、学問をしてはならずという束縛を振り切って、自分の道を生きてきた者の、おそろしいほどの観察眼と客観性と孤独がにじんでいる。

「職業として女優を選んだだけの私は、最初から夢も希望ももっていなかった」と自分でも書いている通り「可愛げのない女」だが、三度目の結婚で自分を許容してくれる夫との幸福を得て、後年は幅を広げた。晩年につづられた文章には、生きることの楽しみ、老後の問題、女性と職業、情報過多と不安など、現在もそのまま共感できるものが多い。

 写真は昭和五十三年、ニッポン放送のスタジオでの録音シーン。六十九歳だが若々しく、自分の声を確認しながら話している様子にゆとりさえ見える。

 平成元年(一九八九年)に女優を引退。終活もおこたりなく、明治女のあっぱれなたしなみを見せて、平成八年に八十七歳で世を去った。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004