2009.11.20 インタビューほか

花津ハナヨ×芹澤和美
「婚活資金」稼ぎにマカオに行った私たち

「本の話」編集部

『噂のマカオで女磨き!』 (花津ハナヨ 著)

花津ハナヨ×芹澤和美<br />「婚活資金」稼ぎにマカオに行った私たち

──カジノ収入でラスベガスを抜き、世界一のエンターテインメント・シティとなったマカオ。世界遺産のポルトガル時代の街並みや、東西の味が溶け合ったマカオ料理も人気です。そんな注目の街を描いたコミックエッセイ『噂のマカオで女磨き!』を女流漫画家の花津ハナヨさんが上梓(じょうし)されました。取材に同行し、本書にも登場する旅行ライターの芹澤和美さんとともに取材時のこぼれ話、裏話を語ってもらいました。

芹澤   6泊7日の滞在でしたけど、よく食べましたよね。朝から晩までお腹が空いている時間がほとんどなかったくらい。

花津  でも、そう言いつつ芹澤さん、朝食前にウェルカムフルーツ食べてませんでした?(笑)私なんか、朝起きた瞬間からお腹いっぱいだったのに。

芹澤  そうやって胃袋を活性化させていたんです。マカオはおいしいものが多いから。

花津  1日平均4食は食べてましたね、私たち。

芹澤  それもすべてコース料理だった。

花津  しかもサービスで色々出してくれたし。

芹澤  なにがおいしかった?

花津  地元の人に連れていってもらった広東料理の店で出た、ハト料理がおいしかった。

芹澤  ハトの丸焼き、食べたよね。

花津  でも、さすがに脳味噌は食べられなかった。芹澤さんは「ここがおいしいのに」ってチューチュー吸ってましたね。

芹澤  ハトは脳味噌がミソなんです(笑)。あの店のシェフはいろいろな賞をとってるはずですよ。

噂のマカオで女磨き!
花津 ハナヨ・著

定価:945円(税込) 発売日:2009年11月13日

詳しい内容はこちら