文春写真館

「ぜいたくな色男」だった永井龍男

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

「ぜいたくな色男」だった永井龍男

 短編の名手、永井龍男は女性にもてたと、親交の深かった大岡昇平はいう。

〈そばかすは昔からかなりあつたが、それもかへつて肌の白さを際立たせるといふ風に働き、丈低からず高からず、すらりとした痩せ形で、(頭脳労働者だから、頭は少し大きかつたやうだが)われわれの中で、無論随一、また唯一人の色男だつた。〉

〈永井さんの小説には、美しい女性は出て来るが、色男はいつも揃つているとは限らない。つまり永井さんは自分が色男であることを恥ぢてゐる。さういふぜいたくな色男なのである。〉(「別册文藝春秋」昭和三十二年=一九五七年十月号「美男の文学」より)

 明治三十七年(一九〇四年)生まれ。辰年だったので、龍男と命名された。高等小学校卒業後、父が病弱だったため、進学を断念。米穀取引所仲買店に勤めたが、肺を患い、すぐに退職した。

 十六歳のとき、文芸誌への投稿が当選し、選者だった菊池寛の知遇をえた。大正十二年(一九二三年)、「黒い御飯」が創刊直後の「文藝春秋」に掲載される。昭和二年、菊池寛を訪ね、文藝春秋への就職を希望し、横光利一の口利きで入社がかなう。「オール讀物」「文芸通信」の編集長を務め、昭和十年、創設された芥川賞・直木賞の常任理事として、事務を担当した。

「文藝春秋」編集長を務めた後、太平洋戦争中の昭和十八年、中国に渡り、満洲文藝春秋社を設立したが、翌年帰国、そのまま終戦を迎えた。昭和二十一年、小林秀雄、林房雄らと「新夕刊」を創刊したが、昭和二十二年、公職追放され、文筆活動に専念することを余儀なくされた。しかし、それが「朝霧」などの名作を生むこととなった。

 写真は昭和三十二年夏に撮影。平成二年(一九九〇年)没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004