2009.11.16 文春写真館

菊池 寛の墓に参る徳川夢声

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

菊池 寛の墓に参る徳川夢声

 徳川夢声は元祖マルチタレントとでも呼べばいいのだろうか。

 戦前の文藝春秋の菊池 寛の社長室には久米正雄、直木三十五、横光利一、佐藤春夫、川端康成、尾崎士郎、吉川英治といった作家のほか、歌舞伎俳優、競馬関係者、棋士といったはなやかな顔ぶれが始終訪れていたが、徳川夢声もそのひとりだった。

 明治二十七年(一八九四年)生まれ。無声映画の弁士となるが、昭和に入りトーキーが登場すると、漫談や演劇に転じた。NHKラジオ「宮本武蔵」(吉川英治作)の朗読で人気を博し、「週刊朝日」の連載対談「問答有用」は多くの人々に親しまれた。文筆にもすぐれ、昭和二十四年(一九四九年)には直木賞候補にもなっている。

 昭和三十年に第三回菊池寛賞を受賞しているが、その理由は、「各方面における活動」。写真は昭和三十一年三月、菊池 寛の墓参りをする徳川夢声。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004