文春写真館

昭和天皇が流した涙

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

昭和天皇が流した涙

 昭和六十一年(一九八六年)四月二十九日。天皇陛下御在位六十年記念式典が、東京・両国の国技館で皇族、各国大使、各界代表六千人を集めて行われた。

 中曽根総理大臣の式辞のあと、衆参両院議長、最高裁長官らの祝辞が続いたが、このとき昭和天皇の頬に一筋の光るものをカメラはとらえた。

〈陛下の頬を涙がつたったのは、木村睦男参議院議長がこう祝辞を述べている最中だった。

「……大戦勃発の直前までもひたすら平和を願い給う大御心をお示しになられましたことを洩れ承り、今尚感激を新たに致すのであります。この大御心があればこそ、終戦に際し、御一身の御安泰をも顧みられず、戦争終結の聖断を下され、有難き玉音は電波により津々浦々に伝えられ、国民は涙とともに平和回復の喜びに浸ったのであります」

 いったいその時、陛下の胸に去来したものは何だったのだろうか〉(「文藝春秋」臨時増刊「大いなる昭和」より)

 このあと、昭和天皇は六十年の歳月を振り返って、「先の戦争による国民の犠牲を思うとき、なお胸が痛み、改めて平和の尊さを痛感します」と述べられた。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004