文春写真館

舞台に命を捧げた水谷八重子

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

舞台に命を捧げた水谷八重子

 杉村春子、山田五十鈴と並んで三大女優の一人とされた水谷八重子(初代)は、明治三十八年(一九〇五年)生まれ。姉が劇作家の水谷竹紫と結婚し、五歳のときに父が亡くなったため、母とともに、姉夫婦のもとに身を寄せた。水谷竹紫が劇団芸術座の創立の中心だった縁で、舞台に立つようになる。

 大正二年(一九一三年)、島村抱月に招かれ舞台に出演。このとき小山内薫に認められ、帝劇公演「アンナ・カレーニナ」で松井須磨子演じるアンナの息子役という重責を果たした。雙葉高等女学校進学後、映画デビューも果たすが、学校から圧力がかかり、「覆面令嬢」という名前での出演となった。

 卒業後、「研究座」に入り、新劇、大衆劇と幅広く活躍する。義兄の水谷竹紫が第二次芸術座を創立したのを期に、その中心メンバーとなる。その後、井上正夫とともに本郷座で公演し、新派劇は全盛期を迎える。昭和十二年(一九三七年)、十四代目守田勘彌と結婚、好重(のちの水谷良重)をもうける。戦争中、自宅を空襲で焼かれ、第二次芸術座も解散、終戦を静岡県の熱海市で迎え、一時は女優引退を考えた。しかし、松竹の大谷竹次郎に翻意を促され、舞台復帰を果たす。昭和二十四年、花柳章太郎らの「劇団新派」の結成に参加する。その後守田勘彌と離婚し、良重を引き取る。新派演目を継承しながら、新劇の演出家菅原卓により、新派劇と新劇の融合を目指す舞台で注目された。

 昭和三十七年、舞台「黒蜥蜴」終演直後にガンを発症。昭和四十年、花柳章太郎が亡くなり、以後、新派の舞台に専念、良重や菅原謙次ら若手を育成する。

 昭和五十四年、乳がんが進行して、公演中に倒れ、帰らぬ人となる。

 写真は昭和二十七年十一月撮影。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004