文春写真館

自由を求めて書き続けた「無頼派の教養人」石川淳

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

自由を求めて書き続けた「無頼派の教養人」石川淳

 石川淳は芥川賞草創期の小説家だ。深い学識とともに戦前から親しんだアナキズムの思想をもとに、つねに現代社会への批判精神を持ち続けた人である。

 明治三十二年(一八九九年)、東京に生まれる。慶応義塾大学予科、東京外国語大学の仏語科に学び、横須賀海軍砲術学校、慶応義塾、旧制福岡高等学校などの仏語教師を歴任するが、左翼的な学生運動に関わったとされ、大正十五年(一九二六年)、退職を余儀なくされる。以後、翻訳や創作に携わり、昭和十一年(一九三六年)「普賢」で第四回芥川賞を受賞。しかし昭和十三年に「文學界」に発表した「マルスの歌」が発禁処分となるなど、創作に不自由な時代が続く。

 戦後になるや「焼跡のイエス」「処女懐胎」と旺盛な作家活動で、「無頼派」作家として人気を博する。中国の文化大革命を批判するなど、自由を希求する精神は一貫していた。

 奇想天外ともいえる作風が、七〇年代の若者の心を掴み、リバイバルブームも起きた。晩年まで旺盛な創作活動を続け、昭和六十二年、八十八歳で、「蛇の歌」連載中に没する。写真は昭和五十七年二月に撮影された。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004