2014.03.17 文春写真館

指揮者・岩城宏之の見習い時代の変名とは

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

指揮者・岩城宏之の見習い時代の変名とは

 昭和七年(一九三二年)、東京生まれ。父は大蔵省の役人だった。小学校時代は二年間で十カ月も学校を休むほど病弱で、戦争中は集団疎開にも行けずに、東京に残留した。敗戦後、父の転勤で岐阜県に転居し、旧制多治見中学に編入。ここで一年半ほど、野球一筋の生活を送り、健康を回復した。

 東京に戻り、学習院高等科卒業後、東京芸術大学音楽学部打楽器科に進学。山本直純と運命的な出会いを果たし、ふたりで学生オーケストラを結成する。また渡邉暁雄や斎藤秀雄の教室にも通い、指揮法を学んだ。

 在学中からNHK交響楽団指揮研究員、いわば指揮者見習いとなり、昭和二十九年、副指揮者になる。このころ、ラジオのポップスを指揮していたが、年間百回以上という膨大な数をこなし、本名で出演しづらくなり、「水木ひろし」といった変名を使うようになった。

 後に岩城は「棒ふりのカフェテラス」(文春文庫)でこう述懐している。

〈札幌のバーで飲んでいたら、誰かに尋ねられた。
「昔、水木ひろしという人の放送をいつもききました。大変にファンだったのですが、あの人はその後どうしたんですか。さっぱりききませんが」
こんなにうれしかったことはない。二メートルも三メートルもグラスを持ったまま跳びたかった。しかし静かに答えたのだ。
「さあ、どうしたんですかねえ。消えてしまいましたねえ。とても才能のある人だったんですが、惜しいですねえ」〉

 昭和三十五年、楽団の世界一周演奏旅行でヨーロッパ・デビューを果たす。昭和四十五年、日本万国博覧会開会式でN響を指揮する栄誉を担う。昭和五十二年、日本人として初めて、ウィーン・フィルの定期演奏会で指揮する。以来、世界のトップ・オーケストラを指揮し続け、一年の半分以上を海外で暮らした。晩年は、ベートーヴェンの全交響曲を一人で連続して指揮し、周囲を驚かせた。音楽活動以外にも、洒脱な文章で、数々のエッセイを書き続けファンを喜ばせた。写真は平成十四年(二〇〇二年)撮影。平成十八年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004