書評

できれば、30代で読みたかった!

文: 大桃 美代子 (タレント)

『“48歳、彼氏ナシ”私でも嫁に行けた! オトナ婚をつかみとる50の法則』 (衿野未矢 著)

 作者も言うように、この年代の女性と付き合おうと思う奇特な男性は逃してはいけないと肝に銘じることだ。

 本書には、人生経験を積んだ女性が「結婚」というハードルを越えるための50の法則が、階段を一つ一つ上がるように、正直に書かれている。心を強く持ち、フラれても引きずらず、恋愛体質を作る。「同棲はしない」とか「手料理は写真だけ」というくだりもあり、その理由に納得もした。

 最後に作者の未矢さんが結ばれるお相手は新潟県魚沼市の文化会館の館長さんだ。東京と魚沼の遠距離恋愛。実は新潟県魚沼出身である私はその館長さんを知っている。文化度が高く田舎では少し浮いてしまうくらいの人で、実力者でもあり地元の有名人だ。

 未矢さんが彼と東京で出会い、お互いを知って行く過程、メールのやり取りや、家族との付き合い、魚沼での地域ぐるみの結婚式なども書かれている。都会の人からは信じられない風習も面白いと受け入れてくれているのを読むと、未矢さんも頑張って馴染もうとしているんだなと感じ、思わず「ありがとうの~」と魚沼弁でお礼を申し上げたい。そして、お相手のあの館長さんが恋愛していたと思うと、知り合いの恋愛を覗き見しているような感覚に、ニヤニヤ。実った恋愛にまたニッコリ。良かったですね。

 できれば、この本に10年前に出会いたかった。若い頃の結婚とは違う「おとな婚」は肉体的な条件は劣化している。しかし、人生経験や深さという面で本当の愛に近いともいえるだろう。

「結婚はもうあきらめた」と思っている40代、50代の皆様。「来年の誕生日は好きな人と過ごしたい!」なんて弱いものではなく、「来年こそ好きな人と結婚している!」と強く確信し、自分自身に言い聞かせよう。

 とはいえ、私の誕生日までは、あと3ヶ月しかないじゃないか! いや、3ヶ月もある。本に赤い線を引いた部分を見直し、幸せの準備にとりかかるとしよう!

 幸せになるのに遅すぎることはないのだから。

 未矢さん、館長と末永くお幸せに。

“48歳、彼氏ナシ”私でも嫁に行けた!
衿野未矢・著

定価:1,500円+税 発売日:2014年01月30日

詳しい内容はこちら