書評

隠された謎をたどる1人と1匹の旅

文: 佐藤 さとる (作家)

『旅猫リポート』 (有川浩 著)

 猫というのは、ぺットといってしまえばそれまでだが、人間社会の隙間のようなところで、独自の生き方を曲げることなく生きているように見えて面白い。野良猫ともなれば、必ずしも楽な暮らしばかりとはいえないだろうが、ほとんどは人間を利用したり頼ったりして、そのくせなんとなく勝手気儘に生きているように見える。

 以前はねずみ退治という、お返しもあったのだが、いまやほとんど忘れられているから、専ら可愛がられ役になって澄ましている。そんな猫の暮しぶりを、良しとするものは猫好き、そうでないものは猫嫌いになる(らしい)。私は好きでも嫌いでもないが、なんとなく野良猫には、けなげさを感じることがあって、いわば応援団の1人かもしれない。

 窮屈な人間社会のなかで、そういう自由な世界を持ち続けている猫だからこそ、ときに小説の主役を振られたりもする。こうして書かれた、猫文学とでもいいたいタイプの小説は、東西にわたってかなりあるようだ。

 猫の目を借りて人間社会を活写し、戯画化して諷刺したり、あるいは猫社会を借りて、実は人間を浮き彫りにして見せたりするものだが、前者の代表にはいうまでもなく、漱石の『吾輩は猫である』があり、後者の代表として私がすぐに思い浮ぶのは、ポール・ギャリコの『ジェニィ』だが、もちろんほかにもあるだろうと思う。

 さて、この『旅猫リポート』も、新しく猫文学の仲間に加わった1冊だが、これまでにない独特のスタイルを持っている。有川浩という作家は、変幻自在で作品ごとに新機軸を見せるから、この作品にかぎったことではないが、話の冒頭で、まず『人、猫に遇う』、あるいは『猫、人に遇う』という場面があり、この出遭いの事件は実にうまい。そんなことがあったなら、この人とこの猫が強い絆で結ばれるのも当然かな、と思わせられる。この小説にとっては大変重要なところだが、ごくさりげなく語られるので、おそらく猫嫌いの人でも、ここは納得してしまうのではなかろうか。

【次ページ】

旅猫リポート

有川 浩・著

定価:1,470円+税 発売日:2012年11月15日

詳しい内容はこちら  特設サイトはこちら  

絵本「旅猫リポート」

有川 浩・著 村上 勉・画

定価:1,200円+税 発売日:2014年02月28日

詳しい内容はこちら