書評

ボケない人生を始めよう

文: 白澤 卓二 (順天堂大学大学院教授)

『100歳までボケない101の方法――脳とこころのアンチエイジング』 (白澤卓二 著)

  わたしにはひとつの確信がある。それは、ボケないということ。

  ボケには、大きく分けてふたつ、アルツハイマー病と、脳梗塞など脳の血管障害によって起こるものがある。

  長年アルツハイマー病の研究を続けているが、その原因もかなりわかってきているから、アルツハイマー病が克服されるのは、そんなに遠いことではない。

  しかし、まだ残念ながら目の前に「薬」などがあるわけではない。

  ただし、いくつか有効な手だてがある。それは誰にでもできるし、そんなにむずかしいものでもない。

  その手だてのほとんどは、アルツハイマー病の研究の成果から、発見されたものである。

  たとえば、たくさんの人々の生活を分析し、ボケていない人とボケてしまった人を比較して、食事の内容、運動、習慣、生活様式などを綿密に調べたもの。有効と考えられるものをマウスやサル、さらにヒトを使って実験した結果から得られたものなどである。いうまでもないが、ヒトでの実験では了解をもらっている。

  こうした多くの研究成果の中から、わたし自身が納得のいくものを実行している。科学的に実証されているものばかりなので、安心でもある。

  だから、わたしはボケないと思っている。

  脳血管障害のほうは、血圧を下げる、動脈硬化を進行させないなど、防ぐ方法が確実にある。これもそんなにむずかしくない。その中からわたしにできるものを選び、実行している。もちろん、この方法も本書では紹介している。

  もうひとつ、わたしがボケないと思っているのは、仕事で何人もの100歳を超えても元気な人たちに会った結果である。

100歳までボケない101の方法
白澤 卓二・著

定価:735円(税込) 発売日:2010年09月16日

詳しい内容はこちら