2011.07.11 文春写真館

昭和随一の流行作家は超遅咲き 横溝正史

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

昭和随一の流行作家は超遅咲き 横溝正史

 明治三十五年(一九〇二年)、神戸の生まれ。高校卒業後、銀行に勤めながら専門学校に通い、薬剤師の資格を得て、実家の生薬屋で働く。この間ずっと書き続けた探偵小説が江戸川乱歩に認められ、二十四歳で上京、「新青年」編集長などを勤める。

 しかし、雑誌発行元が倒産。専業作家となるも、肺結核を患い長野に転地療養、と苦難の連続。書き続ける探偵小説も、戦争に向う時勢に合わず、思うように出版できなかった。

 終戦直前に父の故郷・岡山に疎開、結果としてこの経験が生きた。戦争が終るや本領を発揮、土俗的な事件に挑む探偵が人気となり、昭和二十三年(一九四八年)「本陣殺人事件」で第一回探偵作家クラブ賞を受賞。四十六歳にしてようやく表舞台に踊り出た。なお、本名は「まさし」だが、作家仲間から「ヨコセイ」と呼ばれるうちに、「せいし」が筆名となった。写真は昭和三十七年、自宅にて。温厚な人柄で知られた。

 昭和五十一年、横溝正史は突如、二度目の大ブレイクをする。「犬神家の一族」を皮切りに、旧作が次々に映画化、復刊された。このとき七十歳を過ぎていたが、世間の期待に応えてますます旺盛に新作を発表し、昭和五十六年に没する直前まで書き続けた。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004