本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
『レイジ』解説

『レイジ』解説

文:瀬木 ヤコー (ミュージシャン/インスパイレーション)

『レイジ』 (誉田哲也 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

 さて、この物語には対照的なふたりの男が登場する。春日航(以下ワタル)は明るく、屈託がなく、ややお調子者。行動力があり、自分の置かれた状況を柔軟に受け入れていける。それに対し、三田村礼二(以下礼二)は、愛情を込めてあえて書くが、ちょっと面倒くさい奴だ。思考力、分析力に優れ、ひとつの事柄を剛直に追究していける。ただ、こだわりが強いあまり、融通の利かない面もある。それぞれに強さと弱さを持っているからこそ、互いに反発もすれば、嫉妬もする。

 中学三年の文化祭を機に、ワタルは礼二のほか、ギターの谷垣友哉、ドラムの川嶋均らとバンドを組む。輝かしい未来を信じるワタルだったが、礼二はたった一度ライブをしただけで、ほどなく抜けてしまう。礼二への未練を残しながらも、自分なりにバンドを続けていこうとするワタル。一方、礼二は何かに突き動かされるように、ひとり密かに作曲やアレンジの腕を磨いていく。

 高校生になったある日、礼二は自分の曲について、兄から「インパクトがない」と指摘される。おそらく兄は、なんの気なしに思ったことを口にしただけ。でも、本人にとっては突然背中から刺されたような衝撃だ。試行錯誤を繰り返した礼二はやがて、楽曲を生かしも殺しもするリズムの重要性に気づく(偶然だが、僕もよく似た体験をしている。大学生のころ、良い曲ができたと得意になっていた僕に、ふいに現れた母が「なんだかありがちね」と言い、さっさと家事に戻っていった。どうやら、この手の気づきをもたらす“刺客”は、家族の中にいることが多いらしい……)。

 大学に進学すると、ふたりの歩む道の違いがより明確になる。音楽で食べていくこと、プロになることは、ふたりにとってもはや現実的な目標だ。クオリティーの高い楽曲は作れるようになったが、肝心のバンドがなかなかうまくいかない礼二。一方でワタルは、すでに集客力のあるバンドに加入し、最短距離でプロに近づいていく。そして、明暗分かれたかに思えたふたりに、再び転機が訪れる――。

 と、あらすじはこの程度で。物語はこの先どんどんうねり、加速し、そして輝く。礼二の作った曲「風の彼方に」が、映画のメインテーマのようにここぞという場面で鳴り響く(たまにアコースティックバージョンも流れる)。子細で時にマニアックな音楽にまつわる様々な描写も、神はディテールに宿るという言葉通り、ふたりを軸にした物語に生命を吹き込んでいく。最後のページを読み終えた時、僕は心の中でオーディエンスのひとりになり、声を嗄らしながらステージ上のバンドに声援を送っていた。

【次ページ】

レイジ
誉田哲也・著

定価:600円+税 発売日:2014年03月07日

詳しい内容はこちら

プレゼント
  • 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/7/19~2024/7/26
    賞品 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る