文春写真館

井伏鱒二の釣り弟子を自称した飯田龍太

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

井伏鱒二の釣り弟子を自称した飯田龍太

 抱く吾子も 梅雨の重みと いふべしや

  飯田龍太は、俳人・飯田蛇笏(本名武治)の四男。大正九年(一九二〇年)、山梨県東八代郡に生まれる。飯田家は、江戸時代には名字帯刀を許された、三百年続く大地主だった。

 父は大正期、「ホトトギス」全盛時代に活躍し、近代俳句を築いた。龍太は、その遺志をついで、戦後、飾り気のない感覚ながら、叙情味豊かな作品を発表した。

 昭和八年(一九三三年)、旧制甲府中学に入学、一年生のとき、火災予防標語で入賞する。昭和十五年、国学院大学進学。折口信夫に師事し、句作にはげむが、病気のため、休学。兵役免除となり療養生活の後、故郷に戻る。

 龍太の三人の兄は、戦争や病気のため亡くなり、また戦後の農地改革で、飯田家も時代の荒波に翻弄される。そのような苦難の中、龍太は父の句会に参加し、父が地元で主宰する句誌「雲母」の編集にも携わるようになる。冒頭の句は、昭和二十六年作。昭和三十二年、現代俳句協会賞受賞。昭和三十七年、父蛇笏が亡くなり、飯田家の家督を継いだ。昭和四十四年、句集『忘音』で読売文学賞受賞。

「氏にとって俳句とは木綿の肌着のようなもの。日常の用であるという」(「文藝春秋」昭和五十四年十月号「日本の顔」より)

 一方、井伏鱒二は戦前から山梨県とは縁が深く、昭和二年に荻窪に住むようになって以後も、しばしば山梨を訪れた。戦争中も山梨に疎開し、昭和二十年七月には、甲府空襲で被災した。昭和二十七年、文藝春秋講演会で山梨を訪れた井伏は、俳人の水原秋桜子により飯田龍太を紹介される。以来両者は四十年の長きにわたって交流を続け、四百通以上の書簡を残している。

 写真(左が飯田龍太)は昭和五十四年撮影。

「ヤマメ釣りは楽しみの一つ。井伏鱒二氏とは長年のつき合いで、井伏氏の釣り弟子と自称している」(同前)

 飯田龍太は、平成十九年、肺炎のため、他界。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004