文春写真館

愛川欽也、「トラック野郎」の原点「ルート66」を熱く語る

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

愛川欽也、「トラック野郎」の原点「ルート66」を熱く語る

「11PM」を十一年間、「なるほど!ザ・ワールド」を十五年間、「出没!アド街ック天国」を二十年間。七〇年代からほぼ四〇年間にわたり、時代を代表する番組を司会してきた、「庶民の隣人」だ。

 昭和九年(一九三四年)、東京生まれ。浦和高校在学中に俳優を目指し、中退して俳優座養成所に入る。アメリカの映画やテレビが次々に輸入されていた時代で、その吹き替えを千本以上したという。「アパートの鍵貸します」のジャック・レモン、「雨に唄えば」のジーン・ケリー、「ラジオ・デイズ」のウッディ・アレン。「奥様は魔女」にも「スパイ大作戦」にも愛川の声が響いている。

 アメリカのドラマシリーズ「ルート66」に感動し、そこから愛川が企画した東映映画「トラック野郎」は、昭和五十年から四年間で十作の大ヒットシリーズになった。「文藝春秋臨時増刊」でその話を語っているのが上掲の写真で、平成十九年の撮影。

「ルート66」はアメリカの大学を卒業した若者コンビが、スポーツカーで旅するという設定だが、「トラック野郎」ではそれが極貧育ちの桃次郎(菅原文太)と、警察官を懲戒免職になった金造(愛川欽也)の中年コンビによる、電飾と極彩画の長距離トラックの運搬仕事に変化した。庶民派の面目躍如である。

 大河ドラマからアニメまで、万能の活躍ぶりは、順応性の高さゆえだろう。だがその上に「劇団キンキン塾」を結成し、私財を投じて小劇場「キンケロ・シアター」をオープンし、自らのウェブ放送局「kinkin.tv」も開局。舞台や自主制作映画、インターネット局の番組まで、自らがすべてを主宰する場を、自身で作り出してもいる。

 うつみ宮土里とのおしどり夫婦でも有名だった。前妻との離婚や晩年に至る愛人、レストラン経営の失敗などスキャンダルも多かったが、不思議と許されてきたのも、「高潔でない庶民」というキャラクターと、常に自分のやりたいことに直進していた情熱が、憎めなかったからだろう。

 平成二十七年四月十五日、肺がんで逝去。八十歳。直前まで病気のことを伏せて活躍し、最後の引き際は見事に素早かった。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004