2015.08.24 文春写真館

時代の流れに素直に沿ったいかりや長介

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

時代の流れに素直に沿ったいかりや長介

 昭和四十年代後半の小学生は二種類に分かれていた。土曜の夜に、「8時だヨ!全員集合」を見ていい家の子と、親が許さない家の子だ。

 きわどいギャグ、食べ物を投げる、金盥が降ってきたり、家が崩壊したりするなどの乱暴な舞台。視聴率五○%前後という数字と、「親や教師が子供に見せたくない番組」一位を同時に獲得した番組だった。それでも「ちょっとだけよ」「どーもスンズレイしました」「ジスイズアペン」「カラスの勝手でしょ」を知らない子供はいなかったのではないだろうか。

 いかりやは常に、不出来で服従しないメンバーたちを叱り、統率・抑圧する独裁者の役割で、怒っている顔ばかりが記憶にある。

 昭和六年(一九三一年)生まれ。バンドのベーシストとして各地を巡業するところからはじめ、「ザ・ドリフターズ」のリーダーとなる。米軍キャンプでジョークが盛りこまれたショーを知り、ギャグと笑いを売りにした芸風を作り、クレージーキャッツの後釜としてテレビでも活躍しはじめた。

「8時だヨ!全員集合」が始まったのは昭和四十四年。競合するのは「コント55号の世界は笑う」「巨泉×前武ゲバゲバ90分!」。テレビのバラエティ番組も高度成長した時代だ。そして十六年間の活躍の後、昭和六十年に幕を下ろす。時代は「オレたちひょうきん族」のものになっていた。

 その後は俳優として大河ドラマ「独眼竜政宗」、火曜サスペンス「取調室」などに出演し、平成九年(一九九七年)の「踊る大捜査線」の和久平八郎役で人気を博す。織田裕二演じる青島巡査部長を指導する、たたき上げのノン・キャリア、渋い苦労人という役で、「全員集合!」とはうって変わったキャラクターである。

 写真は平成十一年に「踊る大捜査線」の映画版で日本アカデミー賞助演男優賞を受賞した折の対談時のもの。ヒゲをはやしているのは、テレビドラマ「蘇える金狼」で、乗っ取りで一大企業を築いた老悪役を演じるためだという。

 謙虚な語り口で、ミュージシャンでもコメディアンでもなく、俳優でもない、一介のテレビタレントとして「どこにも属さないでポワーンと浮いて」きたのがよかったのではないかとも言っている。「ドリフターズ」=「漂流物」の名前通り、時代の流れに素直に沿って、いい感じに老熟した笑顔だ。平成十六年、惜しまれつつ世を去る。七十二歳だった。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004