ニュース

「三国志の面白さ」──宮城谷昌光さんをお迎えして、オープン講座第14講目を開催します。

「人生に、文学を」プロジェクト

「三国志の面白さ」──宮城谷昌光さんをお迎えして、オープン講座第14講目を開催します。

立命館大学 衣笠キャンパスにて3月16日(土)にて開催

日本を代表する作家を招き「本を読むこと」「文学に親しむこと」の素晴らしさを、広く世に訴えるプロジェクト「人生に、文学を」第14講目のお知らせです。今回のテーマは「三国志の面白さ」です!


講義内容

 ご登壇いただく宮城谷昌光さんからのメッセージをここでご紹介します。

宮城谷昌光
三国志は後漢末期(曹操が亡くなるまで)がもっとも面白く、その時代の人物を正史をもとに、さぐってみたい。演義とはちがった面白さを発見できるような気がしている。小説家の視点がどのようなものか、わかっていただけるとありがたい。

 参加する際は課題図書を読んでいただく必要があります。参加方法を含め、詳しくはこちらをご覧ください。



こちらもおすすめ
書評歴史に光彩を放つ華元の磊落さと誠実さ(2016.06.23)
書評宮城谷三国志、堂々完結――この大長編に、執筆だけでも十二年の歳月をかけた(2015.04.23)
インタビューほか宮城谷昌光×吉川晃司 我々が中国史に辿り着くまで(2014.05.15)
三国志名臣列伝宮城谷昌光

定価:本体1,700円+税発売日:2018年02月15日